sponsored link




永島敏行の名言と人物データ

永島 敏行(ながしま としゆき)」(1956〜)

「永島敏行」は、千葉県出身の俳優

俳優業と並行して農作業も行っており、

農林水産物コンサルティングを行う有限会社「青空市場」の代表取締役も務め、

実業家及び農林水産物に関する講演などでも活躍している人物。


1977年に映画「ドカベン」(実写版)で俳優デビュー。

翌年の映画「サード」で主演を果たし、同年に数多くの映画賞を受賞。

その後、数多くの青春映画に出演し、

1970年代後半の青春映画ブームを代表する役者の一人として人気を集め、

映画やTVドラマの他にも、数多くの舞台にも出演している。


また、1993年に米作りを体験してから農業の魅力にはまったと語る彼は、

生産者と消費者の架け橋になりたいとの目的で、

東京都銀座で「青空市場」を開催。

同時に地方自治体と提携した農畜産物&水産物の販売や人材育成なども手掛けている。


主な出演映画作品に「人生劇場」「花子の日記〜ビーフのキョーフ物語〜」

「ゴールデンスランバー」「HESOMORI―へそもり―」「リアル鬼ごっこ2」

「わたし出すわ」「出口のない海」「眉山-びざん-」「透光の樹」

「おにぎり ARCADIA物語」「郡上一揆」「ゴジラ×メカゴジラ」「クロスファイア」

「お受験」「MIND GAME」「GONIN」「午後の遺言状」「ひめゆりの塔」

「彼女が結婚しない理由」「異人たちとの夏」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

ドカベン

出演作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 永島敏行の名言集


何でもそうだと思うけど、

自分の特技を生かしながら、

できることからやってみたり、

興味のあるいろんなことにかかわってみる、

という姿勢が大事なんじゃないかと思います。




戦時中の男たちっていうのは、

背負うものがたくさんあるから色気があってね。

意地をはって、虚勢をはって生きている男らしさがある。




恋愛シーンに限らないのですが、

芝居は実は今でも恥ずかしいです。

でも恥をかかないと脱ぎ捨てられないものがある。


恥をかきたくないと思うと、

どこか自分の中で見せられないものができてしまい、

それを隠してしまう。


それじゃあ役者はだめなんです。

恥をかいてなんぼですよ。


役者にはいろんなタイプがいるし、

僕は器用じゃないけど、

見る人が役者に思いを乗せやすいようにするには、

自分をすべてさらけだすことが必要だと思っています。

最初はなかなかできませんでしたけどね。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link