sponsored link


内藤鳴雪の名言

内藤 鳴雪(ないとう めいせつ)」(1847〜1926)

明治大正時代の俳人

正岡子規に俳句を学び,南塘,破焦の号で句作を行った人物。

和漢の学識と明治の情調にあふれた「初冬の竹緑なり詩仙堂」などの句は、

国民的に親しまれている。

主な著書に『鳴雪句集』(1909),『鳴雪自叙伝』(1922),『鳴雪俳句集』(1942)などがある。

(出典:コトバンク)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



官庁の門番はその世界にあっては最下等の役人で、

部内では誰にも驕ることはできない。

だから外来者に驕るのだが、外来者としては、

それをいちいち怒らず、そういう門番の心事を汲んでやり、

ていねいに脱帽しておじぎをしてやればよい。

それがいたわりの道だ。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。