「仲 里依紗(なか りいさ)」(1989-)


作品一覧

「仲里依紗」は、長崎県出身の女優ファッションモデル。 少女漫画雑誌「ちゃお」(小学館)に連載されていた作品「シンデレラコレクション」の主人公に似ている女子を探す、「ニーナをさがせ!!モデルオーディション!!」で特別賞を受賞し、芸能界入り。 ファッション雑誌「CANDy」のモデルとして活躍し、2006年公開の劇場版アニメ作品「時をかける少女」の主人公役に抜擢され、広く知られるようになる。(その後、2010年公開の実写版映画でも主演を務めている) ドラマや映画を中心に、舞台、ラジオ、CMなどでも活躍している。 主な出演映画作品に「モテキ(2011年)」「ハラがコレなんで(2011年)」「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-(2010年)」「時をかける少女(2010年)」 「パンドラの匣(2009年)」「非女子図鑑「死ねない女」(2009年)」「ハルフウェイ(2009年)」「純喫茶磯辺(2008年)」「ガチ☆ボーイ(2008年)」 「ちーちゃんは悠久の向こう(2008年)」「渋谷区円山町(2007年)」「アイランド タイムズ(2006年) 」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+どらく)



仲里依紗の名言一覧


遊びも仕事も大事にして、

自分の好きなことを、

しっかりやっている大人ってカッコいい。




10代の頃は高校卒業や成人式など、

いろんな節目が向こうから、

やってきてくれるから、

おのずと階段を上っていける。


でも、20代からは、

そういう決められたセレモニーがない分、

自分で意識して目標を作り、

階段を一歩一歩上るっていうことを、

ちゃんとしていかなくちゃいけない。




映像の世界では、

間違えたのでもう1回お願いしまーす

とお願いしてシーンを撮り直して、

もらうことができますが、


舞台でそれは絶対にないし、

笑ってごまかせない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ピート・ハイン
デンマークの科学者、数学者、発明家、デザイナー、作家、詩人
前の名言:西尾幹二
ドイツ文学者、思想家、評論家

sponsored link