sponsored link




仲道郁代の名言と人物データ

仲道 郁代(なかみち いくよ)」(1963〜)

「仲道郁代」は、静岡県出身(生まれは宮城県)の女性ピアニスト

妹は同じく女性ピアニストの「仲道祐子(なかみち ゆうこ)」。


ピアノを始めたのは4歳の頃からであり、

小学校5年生のときに第27回全日本学生音楽コンクール東日本第3位に入賞。

中学生の時に渡米し、ピアニストのホロヴィッツを演奏に感銘を受けたとのこと。

帰国後の高校3年生の時に第50回日本音楽コンクールピアノ部門で第3位入賞。

翌年に、同コンクールで優勝+増沢賞を受賞。

その後、文化庁在外研修員としてミュンヘン音楽大学に留学。

海外のコンクールでも優秀な成績をおさめており、

主な受賞歴にジュネーヴ国際音楽コンクール第3位、

メンデルスゾーン・コンクール第1位、エリザベート王妃国際コンクール第5位など。


子供のための話を織り交ぜたコンサートやレクチャーコンサートなど、

クラシックに親しみを持ってもらうコンサートを行うことでも知られ、

CD作品を数多くリリースしている。


主な発表作品に「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番、第2番&第4番」

「ショパン:ピアノ協奏曲第1番・第2番」「ショパニズム」

「ショパン:バラード&スケルツォ(全曲) 」「ショパン:夜想曲集&子守歌 」

「セレステ 仲道郁代 愛奏曲集 」「ロマンティック・メロディ」

「光のこどもたち 田中カレン:こどものためのピアノ小品集」

「星のどうぶつたち 田中カレン:こどものためのピアノ曲集」

「アリエッタ 妖精の森の詩」「グリーグ:ピアノ協奏曲&抒情小曲集 」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

仲道郁代

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 仲道郁代の名言集


必要以上にこだわりを持たないようにしています。

「〜しなければならない」が増えると、

かえって自分の可能性を狭めてしまいます。

だからジンクスも持ちません。




奏でる音に自分も浸れている時は、

ものすごく深い幸福感に包まれる。

その境地は無意識と意識のはざまにある。


このはざまを感じた瞬間、

予想をはるかに越えた素晴らしい演奏ができたりするんです。




音には言葉では到達できない、

その先の世界、とてもあいまいだけれど、

可能性豊かな表現の世界が存在している。

そこが音楽の素晴らしさです。


とはいえ、そこに行き着くには、

徹底的に言葉を使って考え抜く作業がやはり必要なんです。

それがどこまでできているかで演奏の質感も変わる。


何となくこんな感じで、といったフィーリングに頼りすぎると、

いい演奏にはならない。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link