「中村 征夫」

(なかむら いくお / 1945 - )


作品一覧

「中村征夫」は、秋田県出身の写真家。水中写真の第一人者として知られる人物であり、20才の時に独学で写真術を身につけ、専門誌のフォトグラファーなどで活躍。その後、フリーの写真家となり、環境問題や水中写真に関する著書や写真集などを多数発表している他、TVCMも数多く手掛けている。また、報道写真家でもあり、1993年の北海道南西沖地震では災害直後の奥尻島の惨状を撮影し、その写真は共同通信社から世界中に配信され、世界中の新聞に掲載されている他、石垣島白保地区のアオサンゴ大群落をモノクロ写真で撮影した写真が大きな話題となり、同白保地区の海底を埋め立てて建設予定だった石垣島新空港計画が白紙撤回されたこともある。主な写真集に「世界一の珊瑚礁〜レディエリオット島・オーストラリア」「命めぐる海」「ガラパゴス」「ジープ島」「海中2万7000時間の旅」「水中の賢者たち」「沖縄珊瑚海道」「海のなかへ」「熱帯夜」「白保SHIRAHO」「カムイの海」「海中顔面博覧会」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



中村征夫の名言一覧


自分のやりたいことが

見つかるまでは

一生懸命、現実を生きるしかない。




サンゴは島の人々の

防波堤の役割を果たして守っています。


植物プランクトンを蓄えているので、

それが光合成をして

膨大な酸素を供給してくれている。


その量はアマゾン熱帯雨林の比ではない

と言われています。


しかも非常に美しく、

貴重な観光資源でもある。


いろんな面で私たち人間を

支えてくれているんです。

藻場(もば)も干潟もそうですよね。


もっと多くの人にサンゴ礁、

干潟、藻場が広がる沿岸に目を向けてほしい。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:ジェームズ・アーサー・レイ
アメリカの自己啓発作家、講演家、実業家
前の名言:キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)
公民権運動の指導者として活躍したアメリカの牧師

sponsored link