sponsored link


中村修二の名言

中村 修二(なかむら しゅうじ)」(1954〜)

青色発光ダイオードの発明者として知られる電子工学者工学博士

カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授や愛媛大学客員教授も務める人物。

東京理科大学の大川和宏助教授の研究グループと共同の研究では、

光を使って水から水素を容易に取り出すことに成功し、

新たなエネルギー源として期待されています。(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



徹底して考え抜いた末に生まれる「独創性」と、

最後までやりぬく「粘り」を持つこと。

この両輪なくして、大きな夢を実現させることはできない。




自分を変えるチャンス、

自分をのばすチャンスはいくらでもあります。




周囲から見放されて無視されたときから、

研究に集中できるようになる。




組織の論理は捨てなければならない。

組織は独創的な考え方をつぶすだけだからだ。




不思議なもので、いつか決定的なアイディアが浮かぶと信じていれば、

本当に浮かんでくるものなのだ。




紆余曲折のない人生などあり得ない。

安定した生活など歴史上どこにもない。




自分がやりたいこと、

自分が目ざすものがあれば、

たとえそれが将来的にあまり光が当たりそうではなくとも、

思い切って進むべきだ。




非常識をこそ、

徹底的に実践してみることだ。




むしろ、効率が悪く、時間がかかった方が、

成功しやすいともいえる。

失敗してその原因を一つ一つ追求していけば、

時間がかかるのは当たり前だ。




個性なくして、

その人はないに等しい。




苦労し、これなら大丈夫だと考えてやった実験が、

何の役にも立たなかった時には、本当に心底がっかりする。

自分の人生はこんな無駄な事の繰り返しで終わってしまうのかと、

先行きに絶望してしまう。


けれどもここで撤退していては、

文字どおり何もできずに人生を終わってしまうのだ。




人のマネではない自分の流儀を徹底して貫くことが、

何かを完成させるには是非とも必要なことなのです。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。