sponsored link




中西哲生の名言とプロフィール

中西 哲生(なかにし てつお)」(1969〜)

「中西哲生」は、愛知県出身のサッカー解説者、元サッカー選手

父は大阪大学名誉教授の「中西康夫」。

妻は女優・元グラビアアイドルの「原史奈」。


サッカーを始めたのは小学校3年生の頃からであり、

高校時代は愛知FCに所属。

同志社大学の経済学部を卒業後の1992年に名古屋グランパスエイトに入団(Jリーグ)。

攻撃的なミッドフィールダー(中盤の選手)と活躍し、

1997年に川崎フロンターレに移籍。

グランパスエイト時代と違うポジションである守備的な中盤やDFとして活躍をみせ、

1999年には主将としてJ2リーグの初優勝に大きな貢献を果たした。

同年に発表した共著「魂の叫び J2聖戦記」がベストセラーを記録。

2000年に引退を表明。

引退後は、スポーツジャーナリストや解説者としての活動を始め、

テレビのスポーツ番組を中心に活躍している。


主な著書に「ベンゲル・ノート」「不安定な人生を選ぶこと」

「新・キックバイブル 日本がワールドカップで優勝するために」

「世界のサッカー大百科シリーズ」「魂の叫び J2聖戦記」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 中西哲生の名言集


勝っていくために必要なものは、

確固たる哲学とそれに基づいた戦略、

そして戦略に基づいた戦術です。




監督が代わっても、

得点が増えたり失点を減らす事は出来ないが、

チャンスを増やしたりピンチを減らす事は出来る。




負けないための戦い方でなく、

勝つための戦い方をしてほしい。


sponsored link


■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 風吹ジュン(映画やドラマで活躍する女優)
  • 前の名言 → 吉村作治(日本におけるエジプト考古学の第一人者)

■ sponsored link