sponsored link


中野孝次の名言

中野 孝次(なかの こうじ)」(1925〜2004)

日本作家、ドイツ文学者評論家

主な著書に、愛犬ハラス(柴犬)との日々を描いた、

『ハラスのいた日々』などがある。

『ハラスのいた日々』はベストセラーを記録し、テレビドラマ&映画化もされている。

(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



自分の言葉ばかりで物を言うようになったとき、

人は初めて真の自分を獲得し、

自分を全肯定できるのだ。




外に悟りを求めているうちは探していた答えはない。

うろちょろした揚げ句、自分に帰って初めて見つかる。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。