sponsored link




生瀬勝久の名言と人物データ

生瀬 勝久(なませ かつひさ)」(1960〜)

「生瀬勝久」は、兵庫県出身の俳優

個性的な演技で、映画、テレビ、ラジオ、舞台で幅広く活動している人物。

名脇役として高い評価を得ている人物であり、

「トリック」「ごくせん」「功名が辻」など、仲間由紀恵との共演が多いのも特長。

2010年には連続ドラマ「警部補 矢部謙三」でテレビドラマ初主演を果たしている。


学生時代は、「槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)」の名前で、

「喜劇研究会」「第三劇場」「そとばこまち」などで活動。

讀賣テレビの深夜番組「週刊テレビ広辞苑」で人気を博し、

その後も多くの深夜番組に出演し、古田新太や羽野晶紀、立原啓裕、升毅、

牧野エミらとともに、関西学生演劇ブームを起こす一端となった。

妻はモデルの「堀本陽子」。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

出演作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 生瀬勝久の名言集


「できる」と思っているんです。

本気を出せばできないことはない、

五体満足であれば何でもできると、自己暗示的に。

自分のことをかなり過大評価しています(笑)。




僕は理想を掲げたり、目標を立てたりしないんです。

目標を達成する必要がないので挫折を感じることもない。

挫折を感じないから「できる」と思えるわけです。




自分で目標を立てても結局三日坊主なんです。

だったらヘンに目標を持たないほうが、

のびのびと自分らしく与えられた仕事に集中できる。

それが自分でわかっているから、

あえてそうしているのかもしれません。




やるかやらないか、

自我を通すか通さないか、

ここで語るか語らないか。


もちろん日々その価値基準は、

変化していると思うのですが、


その瞬間、

自分が感じた「かっこいい」と思う方を選んでいます。




(原動力は)「楽しいことが先にある」という思いかな。

漠然としているんだけれど、

これからまだまだ楽しいことがあると思っているし、

もっともっと好きなことをしたいと思っている。

■ sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link