sponsored link




夏木マリの名言とプロフィール

夏木 マリ(なつき-)」(1952〜)

「夏木マリ」は、埼玉県育ち(生まれは東京都)の女優歌手

本名は「中島 淳子(なかじま じゅんこ)」。


1971年に「小さな恋」で歌手デビューを果たし、

1973年に「絹の靴下」でブレイク。

女優としての活動も精力的に行うようになり、

1993年には、企画、構成、演出、出演などを全てを手がける舞台表現、

「印象派」を発表し大きな話題となる。

また、キャバ嬢に人気のうどん店「つるとんたん」の、

六本木店と新宿店のプロデュースも行っている。


主な出演映画作品に「人の砂漠(2010年)」「髪がかり(2008年)」

「憑神(2007年)」「さくらん(2007年)」「アタゴオルは猫の森(2006年)」

「シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年)」「チルソクの夏(2003年)」

「ピンポン(2002年)」「宣戦布告(2002年)」「千と千尋の神隠し(2001年)」

「SF サムライ・フィクション(1998年)」「まむしの兄弟(1997年)」

「ハンテッド(1995年)」「時の輝き(1995年)」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 夏木マリの名言集


人はひとりでは生きていけない今、

信じ合える人がいてこそ、

人生はよりハッピーになると思います。




もちろん。恋愛は大切。

人を愛さなくちゃ。




常に感動していたい。

人生いくつ感動があるかで、終末が決まる!

元気でポックリがいいじゃないですか、死ぬ時は。


日々を「イイ感じ」で過ごすためにも、

いつも感動していたいし、私も感動を与えたい。

だから面白いと感じることは何でも参加します。


sponsored link




■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link