sponsored link


西田幾多郎の名言

西田 幾多郎(にしだ きたろう)」(1870〜1945)

日本を代表する哲学者

京都大学教授&名誉教授、京都学派の創始者。

郷里に近い国泰寺での参禅経験(居士号は寸心)と近代哲学を基礎に、

仏教思想、西洋哲学をより根本的な地点から融合させようとした。


その思索は禅仏教の「無の境地」を哲学論理化した純粋経験論から、

その純粋経験を自覚する事によって自己発展していく自覚論、

そして、その自覚など、意識の存在する場としての場の論理論、

最終的にその場が宗教的・道徳的に統合される絶対矛盾的自己同一論へと展開していった。


彼の哲学体系は西田哲学と呼ばれたが、

このように体系にその名が付けられるのは、

日本の近代以降の哲学者の中では唯一と言って過言ではない。

(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



愛とは、

知の極点である。




衝突矛盾のあるところに精神あり、

精神のあるところには矛盾衝突がある。




花が花の本性を現じたる時最も美なるが如く、

人間が人間の本性を現じたる時は、

美の頂点に達するものである。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。