sponsored link


西岡常一の名言

西岡常一(にしおか つねかず)」(1908〜1995)

飛鳥時代から受け継がれていた寺院建築の技術を後世に伝える、

「最後の宮大工」と称された法隆寺の宮大工

法隆寺金堂の解体修理や法輪寺三重塔、薬師寺金堂、同西塔などの再建を行った人物。

文化財保存技術者、文化功労者、斑鳩町名誉町民。(出典:ウィキペディア)

著書&関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



木にはそれぞれクセがあり、一本一本違います。

産地によって、また同じ山でも斜面によって変わります。

真っすぐ伸びる木もあれば、ねじれる木もある。

材質も、堅い、粘りがあると様々です。


木も人間と同じ生き物です。

いまの時代、何でも規格を決めて、それに合わせようとする。

合わないものは切り捨ててしまう。

人間の扱いも同じだと思います。

法隆寺が千年の歴史を保っているのも、

みなクセ木を使って建築しているからです。




建物は良い木ばかりでは建たない。

北側で育った「アテ」というどうしようもない木がある。

しかし、日当たりの悪い場所に使うと、

何百年も我慢する良い木になる。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。