sponsored link


神代マヤの名言(世紀末オカルト学院)と人物データ

神代 マヤ」(くましろ まや)

「神代マヤ」は、ミステリー アニメーション作品、

「世紀末オカルト学院」の主人公

アニメ版の声優は「日笠陽子」が担当。


腰まである長い黒髪に青い目の少女。

神代純一郎の1人娘で、ヴァルトシュタイン学院の現学長兼生徒。

当初はヴァルトシュタイン学院を廃校にしようと目論んでいたが、

父の死の真相を知ったことで考えを改め、

父を殺害した者を見つけるために学長職を継ぎ、

自らも学院へ転入した。

父の影響から、幼少時は「心の目にしか見えないもの(オカルト)」

が好きな少女だったため、オカルトの知識は豊富。

しかし、父が研究に没頭するあまり家庭を顧みなくなって

別居・離婚してしまったため、現在ではオカルトを嫌っている。

一見クールな美少女であるが、予想外の事態には、

虚言や暴力も含めた思い切った行動に出る。

美風に鼻の下を伸ばす文明を見ると苛立ちを隠せなくなるなど、

文明のことを多少は意識しているそぶりも見せている。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 神代マヤの名言の名言集


立ちなさい…

自分の足で…!!

(by 神代マヤ)




■ 世紀末オカルト学院の名言