sponsored link


緒方貞子の名言と人物データ

緒方 貞子(おがた さだこ)」(1927〜)

「緒方貞子」は、東京都出身の国際政治学者政治家

国連公使、国際連合児童基金執行理事会議長、国連人権委員会日本政府代表、

第8代国連難民高等弁務官などを歴任し、

独立行政法人国際協力機構理事長、上智大学名誉教授を務めている人物。


主な著書に「紛争と難民 緒方貞子の回想」「転機の海外援助」

「私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築」

「グローバル・ガヴァナンスの歴史的変容 国連と国際政治史」

「女性と復興支援 アフガニスタンの現場から」「難民つくらぬ世界へ」

「戦後日中・米中関係」「世界の難民」などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→

1 /


■ 緒方貞子の名言集


文化、宗教、信念が異なろうと、

大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。

自分の国だけの平和はありえない。

世界はつながっているのだから。




日本のあらゆる若い世代に、

『何でもみてやろう』『何でもしてやろう』という姿勢を、

意識的に持ってもらいたいと思います。




忍耐と哲学をかければ、

物事は動いていく。




あいまいで不透明な問題

などというものはない。


あいまいで不透明と考えるのであれば、

それを個々の課題に落とし込み、

課題ごとの方策を考えていくことが肝要。




熱い心と、

冷たい頭を持て。



1 /

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。