sponsored link


奥田民生の名言

奥田 民生(おくだ たみお)」(1965〜)

広島県出身のシンガーソングライター音楽プロデューサー

1987年にロックバンド「ユニコーン」のボーカリストとしてデビューを果たし、

「大迷惑」「働く男」「すばらしい日々」など、数々のヒット曲を生み出し、

「バンドブームの寵児」と称された人物。


「ユニコーン」の解散後(1993年)は、充電期間を経て、ソロ活動を開始(1994年)。

代表曲に「愛のために」「イージュー★ライダー」「さすらい」「マシマロ」などがある。

また、女性デュオ「PUFFY」の音楽プロデュースで成功し、

音楽プロデューサーとしての評価も高い。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



詩の題材は何でもいい。

と同時にそういうところで悩む必要はないということも言いたい。

題材なんて何だって、

人は感動するんではないかと。




真面目にはやっているんですけど、

回り道が多いというか、休憩が多いです。

休憩の中からアイデアが出てくるもんなんだけど。




ギリギリでいかないと、

面白くないし。




手と手がはなれたら、

またつなげばいいだけのことなんです。




たたかえ若者よ。

わしらが楽になる。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。