sponsored link


小野田寛郎の名言

小野田 寛郎(おのだ ひろお)」(1922〜)

日本の元陸軍軍人。階級は陸軍少尉で情報将校。

太平洋戦争が終結しても任務解除の命令が届かなかった為、

フィリピンのルバング島の密林に29年間、情報収集や諜報活動を続けた人物。


中国大陸での軍歴があるにも関わらず、

中国サイトなどでは「この兵士の精神を、全世界が学ぶべきだ」など、

肯定的な評価を得ている。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→

1/



世の中には出来そうにないことでも、

やらなければならないことがあるし、

できることでもやってはいけないことがある。


この判断基準こそが、

その人の価値を決める。




生まれた時は自我ばかり、

生きるためには自制と自律がなければ。




豊かさは自分の心で感じるもの。

不便さは何とでもなる。

最後は自分の五体で何とかなる。




やってしまったことは「しかたがない」。

これからどうするかだ。

くよくよ負け犬になってしまう。

負け犬は遠くから吠えるだけで向かってこない。




計画どおりにいかないことは沢山あるが、

思い通りにはいくものだ。

不満などどうってことはない。

自分の満足度を少し変えればよいのだから。




過去は捨てることはできない。

現在は止めることができない。

しかし、未来は決めることができる。




自分では「どうすることもできない」と思っていることでも、

本当は「どうにかしよう」としていないだけではないか。




コンパスは方向は教えてくれるが、

川や谷の避け方は教えてくれない。


コンパスばかり見ていると川や谷に落ちてしまう。

自分で考えて判断しなければ。




若い意気盛んな時に、

全身を打ち込んでやれたことは幸せだったと思う。




疲れている時、怪我をしている時は、弱気になってしまう。

満腹な時、体調の良い時は、油断をする。




汚名は恐れない。いつか晴れるから。

結果を恐れる。どうしようもないから。




反省はさせられるものではなく、

自分でみずからするもの。




いつも美味しいご飯を食べられ、きれいな着物を着られるのは、

誰のおかげですか。

たとえお金があっても、それを作ってくれる人がいなければ、

手に入らないのですよ。

だから「世間」ではなく、「世間様」というのです。


(小野田寛郎の母の名言)




約束の時間に遅れれば、

その時間の分だけ待たせた人の人生を無駄にさせる。

約束を守れない人は信用されず、

自分の人生を無駄にすることになる。




馬鹿な人は嫌いだ。

馬鹿な人とは頭のわるい人のことではない。

自分勝手で思いやりや常識のない人のことだ。

人は一人では生きられないのだから。



1/

■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。