sponsored link




大橋歩の名言とプロフィール

大橋 歩(おおはし あゆみ)」(1940〜)

1964年〜1971年まで週刊「平凡パンチ」の表紙イラストを担当していた、

イラストレーターコラムニスト

エッセイスト絵本作家としても活躍する人物であり、

2002年に雑誌「アルネ」を創刊している。


主な著書に「大橋歩の絵と文でつづる大人のマナ-読本」「大橋歩の生活術」

「大橋歩の絵と文でつづるカロリー・カウントbook」「大橋歩のセーターの絵本」

「大橋歩vs.ペーター佐藤」「テーブルの上のしあわせ」「早くお家に帰りたい」

「大人のおしゃれ」「おいしいおいしい」「日々が大切」「もののお買物」

「家で食べるごはんが一番アルネのかんたん料理」「着物は楽しい」

「おいしい毎日」「ふつうのおいしい」「くらしの一日一日」

「おしゃれは大事よ」「わたしの季節」「きものでわくわく」など多数。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 大橋歩の名言集


(文章を書くことを)いままで続けられてきたのは、

立派なものを書こうとしなかったからじゃないかしら。




絶対に「これでいいや」と

現状に甘んじたりするのは嫌でした。


自分に厳しくしないと結局、

足踏みか後退するしかないですから。




私にとって年を重ねるということはあくまで昨日の続き。

いきなり60歳になったわけではないですから。


それに、60代だからといって、

60代らしく生きるなんてことはできないです。

私は私らしく生きていければそれでいい。




これからのことはまったく考えていないですね。

今やりたいことをやっていければ、それで幸せ。


3年後こうしようなどと考えたりしないです。

案外人って、みんな先々まで決めたりしないものなんじゃ、

ないでしょうかね。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → ダライ・ラマ14世(チベット仏教&チベット亡命政府の最高指導者)
  • 前の名言 → 田渕直也(ファンドマネージャーとしても活躍した金融アナリスト)

■ sponsored link