sponsored link




大橋マキの名言とプロフィール

大橋 マキ(おおはし-)」(1976〜)

「大橋マキ」は、神奈川出身のフリーアナウンサーアロマセラピストフリーライター

夫はCMプランナー&コピーライターの「志伯 健太郎」(しはく けんたろう)。


聖心女子大学文学部を卒業後の1999年に、フジテレビに入社。

約2年間に渡り、フジテレビのアナウンサーとして活躍した後、

同社を退社し、英語研修などのためにイギリスへ渡る。

帰国後は共同テレビジョン(フジテレビ系列)と契約を行い、

2003年にBSフジ「日本の試験大全」でアナウンサーに復帰。

同年6月には、エコ・マガジン「月刊ソトコト」でライターデビューも果たす。

2004年10月からは、テレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」のナビゲーターも担当。


また、英国IFA認定アロマセラピスト資格を取得し、

病院などでアロマテラピストとしての活動も行っている。


主な著書・訳書に「ハーブティーバイブル」「日々香日」「アロマの惑星」

「セラピストという生き方 人を癒すことは、自分を癒すことです。」など。

主な出演番組に「素敵な宇宙船地球号」「就職戦士ブンナビ!」「Happy! Lohas」

「プロ野球ニュース」「めちゃ×2イケてるッ!」「ジャンクSPORTS」

「森田一義アワー 笑っていいとも!」「日本の試験大全」「うなぎのぼり研究所」など。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 大橋マキの名言集


将来のことはあまり考えないんです。

今日という日を将来のことを考えて過ごすのではなく、

今日という日に夢中になって思いを注ぐうちに、

気づいたらそれが明日、あさってにつながっていた、

という感覚のほうがしっくりくる。


逆に、将来が描けない、

読めない人生のほうが私にとっては楽しい。




頭で考えているだけだと、イメージの外へ絶対に出られない。

アクションを起こしてこそ初めて見えてくるものがあるし、

自分らしさも出てくる気がする。




まずはアクション。

常にそう思えるようになったのは、

テレビ局を辞めたことが教訓として生きているのかもしれません。


自分で決めるというのはとても孤独だったけれど、

そのとき初めて自分の足で歩き始めた気がするし、

あそこで一歩踏み出したからこそ、

こんなに世界が広がったわけだから。




生活していればどうしてもごみを積み重ねてしまう。

でも、みんなが少しずつ意識と行動を変えていけば、

必ず環境はよくなる。




自分の内側から沸き上がってくる衝動を結構信じています。

衝動が強いときは自分でも驚くほどの勢いで、

そこに向かって走っています。


sponsored link


■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 元ちとせ(奄美民謡をベースとした歌声で人気の女性歌手)
  • 前の名言 → 関口宏(司会者として多くのTV番組などで活躍する人物)

■ sponsored link