sponsored link


クラフト・ロレンスの名言(狼と香辛料)

クラフト・ロレンス

「クラフト・ロレンス」は、「支倉 凍砂」によるライトノベル&小説シリーズ、

「狼と香辛料」(電撃文庫)の主人公

ローエン商業組合に所属する25歳の行商人。

12歳で親戚の行商人に弟子入りして18歳で一人立ちした。

将来どこかの街に店を構えるという、

漠然とした夢を描くだけの孤独な行商人生であったが、

パスロエ村でホロと出会い、ともに旅をしている。

ホロの言動に翻弄され、時には衝突しながら、

ともに事件を乗り越え、次第に絆を深めていく。 (出典:ウィキペディア)

「狼と香辛料 原作&作品 一覧」を見る→



仮説というのはいくらでも立てることが出来る。

だからあまりにも立て過ぎるとすぐに迷ってしまう。

どんな商売でも危険に満ちているように思えてしまう。


そこで迷わないようにひとつの道しるべを持っておく。

それが商人に必要な唯一のものだ。


その道しるべが信頼できるものなら、

どんな突拍子のない考えも信じるべきなのかもしれない。


(by クラフト・ロレンス)




運命に逆らうのが、

人の常かと思います。


(by クラフト・ロレンス)




望んでも手に入らないかもしれない。

だが望まなければ、絶対に手に入らない。


(by クラフト・ロレンス)




俺たちが明日パンを買う金が、

人の血で汚れているというのは居心地が悪い。

物事にはたくさんの終わらせ方があるだろうが、

明日もまた生きていくのであれば、

明日につながるものを選択しなければならない。

そうだろう?


(by クラフト・ロレンス)




■ 狼と香辛料の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。