sponsored link


狼と香辛料の名言

狼と香辛料」(おおかみとこうしんりょう)

「狼と香辛料」は、「支倉 凍砂」によるライトノベル&小説シリーズ、

「狼と香辛料」(電撃文庫)を原作にしたファンタジーラブコメ アニメ作品。

第12回「電撃小説大賞」では銀賞を受賞。

ライトノベルとしては珍しく、

経済史や商取引の世界に踏み込んだ作品として評価されています。

(出典:ウィキペディア)

「狼と香辛料 原作&作品 一覧」を見る→



商人は軽々しくあきらめるな。

金儲けの神様は祈ってるやつのところに来るのではない。

あきらめが悪いやつのところに来るんだ。


(by マルク・コール




仮説というのはいくらでも立てることが出来る。

だからあまりにも立て過ぎるとすぐに迷ってしまう。

どんな商売でも危険に満ちているように思えてしまう。


そこで迷わないようにひとつの道しるべを持っておく。

それが商人に必要な唯一のものだ。


その道しるべが信頼できるものなら、

どんな突拍子のない考えも信じるべきなのかもしれない。


(by クラフト・ロレンス




運命に逆らうのが、

人の常かと思います。


(by クラフト・ロレンス




望んでも手に入らないかもしれない。

だが望まなければ、絶対に手に入らない。


(by クラフト・ロレンス




世の中、幸運と実力よりも、

人脈がものをいう場合のほうが圧倒的に多い。




俺たちが明日パンを買う金が、

人の血で汚れているというのは居心地が悪い。

物事にはたくさんの終わらせ方があるだろうが、

明日もまた生きていくのであれば、

明日につながるものを選択しなければならない。

そうだろう?


(by クラフト・ロレンス




■ 狼と香辛料 リンク集

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。