sponsored link


大津秀一の名言と人物データ

大津 秀一(おおつ しゅういち)」(1976〜)

「大津秀一」は、茨城県出身の医師

入院・在宅(往診)双方で終末期医療の実践を行っていることで知られる人物。

緩和医療や死生観の問題等についての著述講演活動も行っている。


主な著書に「死ぬときに後悔すること25」「死ぬときに後悔しない医療」

「感動を与えて逝った12人の物語」「余命半年 満ち足りた人生の終わり方」

「Dr.大津の世界イチ簡単な緩和医療の本」

「死学 安らかな終末を、緩和医療のすすめ」などがある。

(出典:楽天ブックス)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



死ぬ前に後悔するのは、夢がかなわなかったこと、

かなえられなかったこと、そのものよりも、

むしろ夢をかなえるために、

全力を尽くせなかったことにあるのかもしれない。




どう考えても、会いたい人には今すぐ会いに行ったほうが良い。

なぜなら、大げさかもしれないが、

いつまでもこの世にいられるとは限らないからである。

会いたいと思っているうちに、

その人はもうこの世にいなくなってしまうかもしれないのである。




自由に生きても、忍耐で生きても、

それほど文句を言われる量は、

変わらないと思う。


だとしたら、自由に生きたほうが、

自分のためになるのではないか。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。