sponsored link


ユーゴスラビアのことわざ

「ユーゴスラビア」

ユーゴスラビアは、1929年から2003年の間に存在した東ヨーロッパの国家。

正式な国名は何度か変更している。


1918年にセルビア王国を主体とした、

セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国として成立。
(セルブ=クロアート=スロヴェーヌ王国)

1929年ユーゴスラビア王国に改名された。

1945年からは社会主義体勢が確立され、ユーゴスラビア連邦人民共和国と改称された。

1991年からのユーゴスラビア紛争により解体。

その後も連邦に留まったセルビア共和国とモンテネグロ共和国 (1992年-2006年)により、

1992年にユーゴスラビア連邦共和国が結成されたものの、

2003年には緩やかな国家連合に移行し、

国名をセルビア・モンテネグロに改称したため、

ユーゴスラビアの名を冠する国家は無くなった。

2006年にモンテネグロが独立して国家連合も解消され、完全消滅となった。

(出典:ウィキペディア)


このページは、ユーゴスラビアのことわざを集めているページです。

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



たっぷりと休養をとれば、

仕事は半分、終わったようなもの。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。