「リチャード・バック(Richard Bach)」(1936-)


著書一覧を表示

「リチャード・バック」は、世界的ベストセラー「かもめのジョナサン」の著者として知られるアメリカの小説家飛行家。 飛行機に関するルポルタージュ風の作品を多く発表していたものの、1970年に出版した「かもめのジョナサン」がベストセラーを記録。同著書は様々な言語に訳され世界的に有名な小説家となる。 その他の主な著書に「イリュージョン」「翼の贈物」「ONE」「僕たちの冒険」「翼にのったソウルメイト」「フェレット物語」「王様の空」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



リチャード・バックの名言一覧


プロの作家とは、

書くことをやめなかったアマチュアのこと。




もっとも高く飛ぶカモメは、

もっとも遠くを見通す。




人間は大体、目に見えるものしか信じてないでしょ。

例えば雨が降って、地上では傘をさしてる。

だけど、飛行機で雲の上に上がってしまえば、

そこに太陽はある。


人々は頭上に太陽があることを、

忘れているだけなんだ。




人間が本当に愛するものを、

見つけるのは大変なことで、

それが見つからない人もいると思うんだ。


だけど、いつかは絶対に、

自分の好きなものが見つけられると信じること。


ドアはどこもかしこも閉まっていて、

絶望的になるけど、

あっちこっち叩いているうちに、

どこかのドアがポンと開くことがある。


そこに入っても、更にドアが閉まってる。

必死になって叩くとまたドアが開く。

その繰り返し。


だけど、それが自分の一番求めている道だと、

信じること。




成功の秘訣を自分自身に問いかけよ。

その答えに耳を澄まし、

実行することだ。




責任を回避するいちばん良い方法は、

「責任は果たしている」と言うことである。




愛すべき尊敬する人を見つけて、

その人のために自分の人生を送ったら、

僕たちは最も暖かいベッドを、

手に入れられるのです。




僕はいつも冒険に満ちた人生を求めている。

だが、冒険に満ちた人生を実現するのは、

自分だということを、

本当に理解するのには長い時間がかかった。




自分で引き寄せる出来事に偶然はないのだ。

たとえそれが不愉快でも学ぶ必要はある。

問題を直視するべきだ。




あなたに願望が与えられると同時に、

それを実現する力も与えられる。


しかし、そのために、

努力しなければならないかもしれない。




地上において、あなたの使命が、

終わったかどうかを知るテストをしてみよう。


もしもあなたがまだ生きているのであれば、

それは終わっていない。




すべての問題は、

私たちが成長するための機会である。




おぼえているかね。

われわれの肉体は思考そのものであって、

それ以外のなにものでも、

ないんだということを。




自由が欲しい時は、

他人に頼んじゃいけないんだよ。

君が自由だと思えばもう君は自由なんだ。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:デズモンド・ムピロ・ツツ
ノーベル平和賞を受賞した南アフリカの司祭、平和運動家
前の名言:渡辺謙
世界的に知られている日本人俳優の一人

sponsored link