sponsored link


劉備玄徳の名言

劉備 玄徳(りゅうび げんとく)」(161〜223)

後漢の滅亡を受けて皇帝に即位し、蜀漢を建国したことで知られる、

後漢末から三国時代にかけて活躍した中国の武将

黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦。

諸葛亮の天下三分の計に基付いて蜀の地を得て勢力を築き、

魏・呉・蜀の鼎立の原因を作った人物。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



登れそうに見える所から登ったのでは、

奇襲にはならない。

誰の眼にも、登れそうに見えない場所から登るのが、

用兵の策というものであろう。




悪事はどんな小さなことでも行なってはいけない。

善事はどんな小さなことでもこれを行なえ。




大事を成すには人をもって大本としなければならない。

自分を慕ってくれている人を見捨てることなど出来ない。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。