sponsored link


佐伯啓思の名言

佐伯 啓思(さえき けいし)」(1949〜)

日本の経済学者&京都大学大学院人間・環境学研究科の教授

文部科学省中央教育審議会委員も務める。

1985年に『隠された思考』でサントリー学芸賞

1994年に『「アメリカニズム」の終焉』で東畑記念賞

1997年に『現代日本のリベラリズム』で読売論壇賞を受賞。

2007年には精力的な言論活動が評価され、第23回正論大賞も受賞している。


その他の著書に「時間の身振り学」「市場社会の経済学」「市民とは誰か」

「国家についての考察」「成長経済の終焉」「人間は進歩してきたのか」

「20世紀とは何だったのか」「自由とは何か」「学問の力」などがある。

(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



本当の教養とは、

知識を仕入れるよりも、

自分なりの見方、考え方を獲得することではないだろうか。


自分なりの見方がなければ、

いかに多くの文献を読み知識を仕入れても、

そこから自分の問題を発見することはできないだろう。




自分なりの見方を確立して、

自分の問題を発見すること。

そのために必要な本はそんなに多くない。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。