sponsored link




崔洋一の名言と人物データ

崔 洋一(さい よういち、チェ・ヤンイル)」(1949〜)

「崔洋一」は、日本(在日韓国人2世)の映画監督脚本家俳優

日本映画監督協会理事長、宝塚大学教授、株式会社ネクステップ顧問も務めている人物。

東京綜合写真専門学校を中退し、照明助手として映画界入り。

1981年にテレビ映画「プロハンター」で監督デビュー。

1983年に「十階のモスキート」でスクリーンデビュー。

同作で「毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞」を受賞。


「月はどっちに出ている」で報知映画賞、ブルーリボン賞

毎日映画コンクールなど数多くの賞を受賞し、

映画「血と骨」(主演:ビートたけし)では、

「第28回日本アカデミー賞最優秀監督賞&最優秀脚本賞」を受賞。

俳優としても活躍しており「御法度」(主演:ビートたけし)では近藤勇役を演じている。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

監督作品&著書一覧を見る→


■ 崔洋一の名言集


困難や不条理なことと、

向き合わざるを得ない状況は訪れる。

でも、それを乗り越えて生き抜くためには、

やはり向き合うしかない。




人間は何かと向き合わないと、

生きていけない。




映画は観られてなんぼなんです。

創造の喜びは受けとめてもらって、

初めて成立する。




等身大の方法論でいいから、

今を生きてほしい。

時としてそれが時代と合わないことがあったとしても、

流されるな!




とにかく生き抜け!

負けるな!

■ sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link