sponsored link


斎藤広達の名言

斎藤 広達(さいとう こうたつ)」(1968〜)

ボストン・コンサルティング・グループ、シティバンク、ローランドベルガー、

ゴマ・ホールディングスを歴任し、シカゴコンサルティング代表取締役を務める人物。

「日経ビジネスアソシエ」に「今日から使える、MBAスキル」を連載。


主な著書に「パクる技術」「疑う力、信じる力」「あなたブランドを高める12のステップ」

「サンクコスト時間術 限られた時間で最高の成果を上げるための」「コンサル日記」

「図解サラリーマンの決定力講座」「図解MBA的発想人課長力養成講座」などがある。

(出典:BOOKデータベース)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



がむしゃらに勉強をスタートするのではなく、

最初にちょっとだけ頭を使い、

集中して何をすべきか考えることが生き残るためのコツ。




経験は、

武器にはならない。




ややこしくて複雑な問題こそ、

シンプルに解決する。




隙間時間を活用できれば、

残業は50%カットできる。




朝の電車の5分間が、

その日を制す。




全く新しいアイデアなど、

存在しない。




人間が理解し、

覚えられるのは、

3つまで。




何でも時間をかければよいって訳じゃない。




時間がある時に限って、

結果が出ない。




じっくり時間をかけず、

すべてのことを5分間でする。




きちんと仕事をこなすのは当たり前。

その上で、さらに相手をびっくりさせるような、

価値をつけ加えることが不可欠。




どんなに優れたブランドも、

知られていないのであれば、

存在しないのと同じなのだ。




アクションはできるだけ早いほうが、

機会損失が少ない。




気が進まない仕事をするときは、

いつもランニングの最初の五分を思い出すようにしています。

五分走ると体が反応しはじめるように、

気が乗らない仕事も五分頭を使うと、

だんだんと考えるモードに切り替わってくるものです。




1回きりの人生。

大胆に生きよう。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。