「さかもと 未明(-みめい)」(1965-)


著書一覧

「さかもと未明」は、神奈川県出身の女性漫画家作家エッセイストコメンテーター。本名は「安西 明美(あんざい あけみ)」。OL、主婦を経て1989年に漫画家としてデビューを果たす。レディースコミック誌を中心に活動し、一躍人気漫画家となる。その後、小説やエッセイ、美容本などを発表した他、音楽活動も行っており、CDリリースやライブ活動も行っている。また、2009年に全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、シェーグレン症候群などの膠原病に罹患していることを公表している。 主な著書に「さかもと未明の貯まる!生活術」「さかもと未明の美人革命 ほしい“綺麗”は、こうして手に入れる!」「どん底力! 失意の底から這い上がるための29の方法」「トクする離婚で幸せをつかむ!」「明日、面接に行ける本」「他力本願美容道 ほんとうは誰にも教えたくない!」「いつか、素敵な蝶々に。」「神様は、いじわる」「女性解放区 ハッピーに生きなきゃ意味がない!」「殿方、しっかりなさいませ!」「右寄りですが、何か。 明快!ニッポンの論点」「愛の絶頂相談室 悩み多き男性諸君ヘ!」「綺麗が勝ち!しあわせになる美人道」「恋する虎の巻 未明観音のごたくせん」「恋する虎の巻」「だって幸せになりたいんだもん なめっきり人生マニュアル」「ゆるゆる 未明お姉さまのおきらく愛の相談室」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



さかもと未明の名言一覧


大事なのは、

どんな時でも、どんな所でも、

笑顔で頑張ること。


そうすると、周りの環境は必ず、

少しずつ良くなっていくものなのです。




人生、マイナスな時は、

自分の学びのチャンス。


何かを失った時は、

生き方を見直すチャンス。


命を奪われたりすること以上に、

怖いことなんかないから、

絶対に笑ってやり過ごせるはず。


私だって、本当に死ぬかもしれない難病だって、

言われたけど、頑張って仕事も続けて、

今、笑って生きています。




「景気が悪い」と、

口を開けばみんなそんな話ばかり。


「じゃあ、どうするの」という、

前向きな話は全然なし。


でも、私は逆に、

今こそがチャンスだと思っているのです。


何もないし、色んな事が崩れてきている、

「どん底」のときだからこそ、

新しいことを始めるチャンス!


なのに、どうしてみんな、

もっと明るい気持ちにならないんだろうと、

不思議に思います。


本来、どん底って気楽なはずなんですよ。

だって、これ以上失うものはないんだから。




今の日本で、みんな、仕事が無いの、

お金がないのと言ってるけど、

これだけ建物があって、技術があって、

どんな安いアパートにもエアコンがあるような国で、

何をたわけたことを言ってるんだ!




私は苦労知らずのエリートより、

傷ついて失敗して、悲しみも惨めさも、

孤独も身にしみて知っている人の方が好き。


絶対そういう人の方が、

相手に対して優しいし、

苦労を乗り越える力があるもん。


苦労を乗り越えて来た人は、

男性も女性も必ず魅力的ですよ。




みんな不安ですよ。

でも不安な毎日だからこそ、

どれだけ人間らしく生きられるか、

お互いに誠意を尽くせるかが、

価値を持つんだと思います。




最近の教育は非凡奨励の風潮があって、

「個性」だの「好きなことを仕事に」だの、

眠たいこと言ってますが、


好きなことを仕事に出来る人なんて、

千人とか数万人に一人くらいなもんですよ。


そういうアホみたいに確率の低いことを、

全員に勧めるなんて、

教育自体に思慮がない。




人は自分を評価して、

前向きな言葉を投げかけてくれて、

伸びると信じてくれる人の下なら、

伸びるし、才能も開花する。




ポイントは、

「気持ちのいい言葉をかけてくれる人の、

ところに行こう!!」ってことかな。


しばしば「甘い言葉をかける人は、

自分をダメにする」的な価値観で、

日本人は自分を追い詰めますが、

これは間違いです。


人間は自分を気持ちよくしてくれ、

褒めてくれる人、

愛してくれる人の下で、

能力を発揮するのです。


自分に"あまあま"な人の所に行こう!

意地悪な人からなんて、

脱兎のごとく逃げろ!

これが正しい生き方です!!




たとえば月15万円無いと暮らせないとか、

ボーナスが欲しいとか言い出したら、

夢は追えない。




私はね、目指したい世界があるなら、

何も考えずに飛び込んでみればいいと思うの。


やってみれば、自分が続けられそうとか、

そこまで好きではないのかとか、あるいは、

そんなに才能はないと気付くとか…。

とにかく色々な結論が出るわけよ。




夢を追うのも諦めるのもキミ自身。

自分がどうしたいのか、

自分にはどれだけの力があるのか、

全ては自分の心と対話して決めてください。




とにかく一つでいいから、

やり遂げること。


そこからあなたの人生は、

必ず劇的に変わります!!




これ以上ないっていうくらい頑張った時、

人は本当にひと皮むけて「化ける」。




「あと二年死ぬ気で頑張って、

上に行けなければ辞める!」

くらいの覚悟で挑戦してみて。


ダラダラでも生きられますが、

ネジを巻いて頑張る人には、

色んな人がチャンスをくれるのが世の中。



次のページ:さかもと未明の名言 第2集

sponsored link


バックナンバー

次の名言:サラ・パレツキー
推理小説や探偵小説で知られるアメリカの小説家
前の名言:中村獅童
俳優として活躍する歌舞伎役者

sponsored link