sponsored link


さくらももこの名言

さくらももこ」(1965〜)

自身の少女時代をモデルとした漫画「ちびまる子ちゃん」の著者として有名な、

静岡県出身の漫画家エッセイスト

大学在学中の1984年に『りぼんオリジナル』冬の号(集英社)にて、

「教えてやるんだありがたく思え!」で漫画家デビュー。

1986年に代表作となる「ちびまる子ちゃん」が 『りぼん』で連載開始。

1989年度に『ちびまる子ちゃん』で第13回講談社漫画賞少女部門を受賞。

1990年には『ちびまる子ちゃん』がフジテレビ系でアニメ化され、

国民的な人気を誇る漫画家となる。


1991年からはエッセイストとしても活動を開始し、

エッセイ集三部作『もものかんづめ』『さるのこしかけ』『たいのおかしら』は、

いずれもミリオンセラーを記録している。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



同じ日なんて無い。

一瞬も無い。


自分に起こる事をよく観察し、

面白がったり考え込んだりする事こそ、

人生の醍醐味だと思う。




大切なことは、

ぜんぶここにある。




自分ひとりで、

どうにかしようなどと、

思わぬ方が良い。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。