sponsored link




佐藤良二の名言と人物データ

佐藤 良二(さとう りょうじ)」(1929〜1977)

「佐藤良二」は、岐阜県出身の旧国鉄バスの車掌

「太平洋と日本海を桜で結ぶ」という夢を実現しようと、

名古屋市から金沢市までを結ぶ名金急行線の路線沿いに桜を植え続けたことで知られ、

1966年頃より名金急行線の道路沿いに桜を植え始め、

生涯に約2,000本の桜を植えたと言われている人物。


主な関連著書に「さくら道―太平洋と日本海を桜で結ぼう」

「さくら道―国鉄バス車掌佐藤良二さんの生涯」

「名金線に夢を追う―佐藤良二写真集」などがある。

(出典:ウィキペディア&Amazon)

さくら道―太平洋と日本海を桜で結ぼう

関連書籍一覧(提供:Amazon)を見る→


■ 佐藤良二の名言集


悔ゆることのない生き方で、

人生を全うしたい。




なぜこんなことを?

「それは死ぬ時淋しい気持ちで死にたくないから」と俺は答える。

「正しいことを腹一杯やって死にたいから」と俺は答える。




人間として生まれての最後の到達地点。

すべてそれを目的にした考え方と行動でなければならぬ。

せっかく生きるなら、今、一秒をそのために、

その目的のために燃やし尽くさねばならぬ。


■ sponsored link



■ 桜 Yahoo!オークション ランキング

Yahoo!オークションランキングの続きを見る→



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 小雪の名言(女優&ファッションモデル)
  • 前の名言 → 王貞治の名言(「世界の王」とも称される日本を代表する野球選手の一人)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link