sponsored link




沢村貞子の名言と人物データ

沢村 貞子(さわむら さだこ)」(1908〜1996)

「沢村貞子」は、東京都出身の女優随筆家。(本名/大橋 貞子:おおはし ていこ)

日本女子大学師範家政学部の在学中に「新築地劇団」に入団。

「小津 安二郎(おづ やすじろう)」監督作品などで名脇役として活躍した人物であり、

生涯を通して100本以上の映画に出演している。

1956年に映画「赤線地帯」で毎日映画コンクール女優助演賞を受賞。

1996年に日本アカデミー賞会長特別賞を受賞。


女優業の他にエッセイストとしても数多くの作品を残しており、

自伝「私の浅草」(1977年)は下町の風情を生き生きと綴りあげた名著として知られている。

同作品は第25回日本エッセイスト・クラブ賞の受賞作品であり、

NHK朝の連続テレビ小説「おていちゃん」の原作にもなっている。


生前最後のテレビ出演は、1996年2月2日放送の「徹子の部屋」であり、

既に芸能界を引退していたものの、親交の深かった黒柳徹子の希望で実現。

往年のファンに最後の姿を見せ、約半年後の1996年8月16日にその生涯を閉じている。


主な著書に「わたしの脇役人生」「老いの楽しみ」「わたしの茶の間」

「老いの道づれ 二人で歩いた五十年」「老いの語らい」

「貝のうた」「私の浅草」「わたしのおせっかい談義」

「わたしの献立日記」「寄り添って老後」「私の台所」などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

沢村貞子

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 沢村貞子の名言集


激しい恋の末、

やっと結ばれた二人が…

やがて、冷たく別れてゆくのは、

きっと、相手の魅力を忘れてしまうからでしょうね。


いつまでも一緒にいたい、

と思うなら…

ときどき、それをおさらいしなければ。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → YUI(ギターとピアノの弾き語りで知られる女性シンガーソングライター)
  • 前の名言 → いわさきちひろ(水彩画で描いた「子供の絵」で有名な女性画家・絵本作家)
  • トップページに戻る → 地球の名言

■ sponsored link