sponsored link


千利休の名言

千利休(せんのりきゅう)」(1522〜1591)

「茶聖」と称される戦国時代〜安土桃山時代の茶人

何も削るものがないところまで無駄を省いて、

緊張感を作り出すという「わび茶」(草庵の茶)の完成者として知られる人物。

「利休」という名は、天正13年(1585年)の禁中茶会に町人の身分では参内できないために、

正親町天皇から与えられた居士号であり、

茶人としての人生のほとんどは「宗易」(そうえき)として送っている。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



(茶の極意を聞かれて)

まず炭火はお湯の沸く程度にしなさい。

お湯は飲みやすいように熱からず、ぬるからず、

夏は涼しげに、冬はいかにも暖かく、

花は野の花のごとく生け、

刻限は早め、早めにして、

雨降らずとも雨具の用意をし、

お客の心を心とするのです。




当たり前のことが、

いつでもどこでもできるならば、

私があなた方の弟子になりましょう。




守りつくして、破るとも、

離るるとても、本(もと)を忘れるな。


(意味:その道の基本をまずは徹底的に学び、次に自分なりの色を出してみる。
最後に、自分だけの世界を作り上げていく。ただし、一番最初の基本を忘れてはいけない。)

※地球の名言オリジナル現代語訳




頭を下げて守れるものもあれば、

頭を下げる故に守れないものもある。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。