sponsored link


瀬戸の花嫁の名言と作品データ

瀬戸の花嫁」(せとのはなよめ)

「瀬戸の花嫁」は、『月刊ガンガンWING』(スクウェア・エニックス)の、

2002年9月号より連載が開始された、

「木村太彦」によるギャグラブコメ漫画作品。

2007年に全26話でアニメ化。(アニメーション制作/GONZO&AIC)


瀬戸内の祖母の実家に遊びに行った主人公の「満潮永澄」は、

海水浴中に溺れた所を人魚の少女「瀬戸燦」に助けられる。

しかし人魚には、「身内以外の人間に人魚の姿を見られた場合、どちらかが死ぬ、

または人魚の正体を知った人間が人魚の身内となる」という掟があったため、

永澄と燦は結婚する事を選んだところから物語は始まる。


「人魚(にんぎょ)」と「任侠(にんきょう)」をかけて、

任侠道を大きなテーマに置いている作品であり、

作品の所々に任侠的なシーンや言葉遣いが描かれているのが、

作品の特長となっている。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→

1 / / / / /


■ 瀬戸の花嫁の名言集


父親が娘の心を理解しようってのが間違いなのさ。

男親なら黙って娘の一歩前を歩きな。

その生き様で語るんだよ。

(by 瀬戸 蓮




男が泣いていいのは、

親が死んだ時だけですぜ。

(by 政/まさ




自分の安全のために、

困っている人を見捨てるのは、

瀬戸内人魚の名折れじゃきん!!

(by 瀬戸 燦




世界はこんなに広いのに、

僕はなんてちっぽけな男だったのだろう。

(by 三河 海




自分の思うように生きて、

間違いに気付いた時に、

ちゃんと反省すればええんよ。

(by 瀬戸 蓮



1 / / / / /

■ 瀬戸の花嫁のリンク集

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。