sponsored link




芝木好子の名言と人物データ

芝木 好子(しばき よしこ)」(1914〜1991)

「芝木好子」は、東京都出身の小説家

1941年に発表した「青果の市」で第14回芥川賞を受賞。

代表作には、自伝三部作と呼ばれている、

「湯葉(1960年)」「隅田川(1961年)」「丸の内八号館(1962年)」の他、

「隅田川暮色(1982-83年)」「洲崎パラダイス(1954年)」「夜光の女(1955年)」

「葛飾の女(1966年)」などの作品で知られている人物。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 芝木好子の名言集


働くということは、

結局、人の輪。




嘘の言葉に意味などなく、

飾り立てた言葉などは空疎である。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link