「七田 眞」

(しちだ まこと / 1929 - 2009 )


著書一覧

「七田眞」は、島根県出身の教育研究家作家。右脳鍛錬を目的とした幼児教育「七田式教育法」の提唱者であり、全国に450か所以上の七田式幼児教室を開講している他、同教育法はアメリカ、台湾、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、オーストラリアなど世界にも進出。1997年に社会文化功労賞を受賞した他、世界学術文化審議会より国際学術グランプリも受賞している。主な著書に「七田真の障害児を普通児に育てる本 言葉の出ない子の早期教育法」「いかに生きるか 七田眞の人間学」「頭がよくて思いやりのある子に育てる91の金言」「仕事の9割は右脳で決まる!」「七田家の子育て45のル-ル できる子が育つ」「全脳力 人生を変える思考の力」「イメージ脳を鍛えれば誰でも天才!」「脳が冴える超スピード記憶術」「ムギューッと抱きしめ子育て法 七田式で母親力アップ!」「超右脳英語耳15分エクササイズ」「音脳法 聴くだけで脳が変わる」「七田式 魂の教育 夢と才能を育てる究極の脳力開花」「超感覚脳 時空を超えたエネルギーと情報をキャッチする秘密の法則」「七田式子育て理論36年の法則」「できる子の親がしている70の習慣」「七田式21秒でできる! 簡単すぎる右脳習慣」「子どもの知力を伸ばす300の知恵」などが多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



七田眞の名言一覧


人生を幸せに、豊かに生きる

法則があります。


それは自分の魂を輝かせて生きる

という生き方をすることです。


どうしたら自分の魂を輝かせて

生きることができるのか。


自分のしたいことをして、

それで人のお役に立つ仕事をしている時、

人の魂は輝きます。


そのような仕事を自分のこれからの

ライフワークとして見つけ出すとよいのです。




好きな道で一芸に秀でていれば、

やがてはたいていの望みは叶うものです。




相手にきついことを言うから、

きつい言葉が返ってくるのです。




いいかい。学校を出てからが、

本当の勉強だよ。


大抵の人は学校を出ると

本を読むのをやめてしまうが、

絶えず本を読み学び続けることが大切だよ。

それが人生の勝利者になる秘訣だよ。




努めている者には、

やがてチャンスがめぐってきます。




人間は一つの志を立て、

これに集中して続けていくと、

すごい力を発揮するようになるのです。




人間は学問をし、修養しないと

宿命論的存在になって、

つまらない人間になってしまうものです。


よく学問をし、修養すると

自分の運命を創っていくことができます。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:呂坤
呻吟語の作者として知られる中国の儒学者
前の名言:飯田亮
セコムの創業者として知られる実業家

sponsored link