sponsored link


島田一男の名言

島田 一男(しまだ かずお)」(1923〜1995)

社会心理学者評論家

聖心女子大学文学部教授、川村学園女子大学教授、

日本心理学会理事・日本社会心理学会会長などを歴任した人物であり、

マスコミでも幅広く活躍。

著書も多く発表しており、主な著書に「世論 どこまで信頼できるか」「社会心理学の基底」

「明日への良識」「青年であること」「素敵な生活の発見」「本当のあなたがわかる本」

「自分の変え方秘訣集」「ビジネスマン説得力」「人間の器量の研究」「紳士の条件」

「自分を強くする心理学」「紳士の時代」「時代を創ったリーダーの訓え」などがある。

(出典:ウィキペディア)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



人間は自然のままに放置しておけば、

欲望をそのまま追求する動物に過ぎない。

それをまず自制することが、人間修行の大切な条件である。




知識は人に見せびらかすために吸収するのではない。

知識を人に見せようというのは、

知識が「教養」として血や肉になっていない証拠でもあるといえるだろう。

ましてや、知ったかぶりの浅薄な知識を人に説いてまわるような人間は、

紳士的な「教養」からもっとも遠いところにいるのだといえるだろう。




「教養」を身につけるとは、知識をたくさん持つことではない。

知識を得ることによって、ものの見方、考え方を柔軟にし、

人間的なうるおいを持ち、

人から愛され敬慕される魅力的な人間になることである。

したがって「教養」ある紳士は、

かならず自分の才をひけらかさない「謙虚さ」を身につけているものだ。




姿勢が正しくないと、

心も卑屈になる。




マナーは、自分のためでなく、

相手のためのもの。




礼儀やマナー、あるいは形というのは、

結局は、人と人とが気持ちよく、

楽しく愉快な気分でつきあうためにあるものだ。

人と人とが気持ちよく接することが出来るのであれば、

形式などは、いくらでも踏み外してもいい。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。