「清水 崇」

(しみず たかし / 1972年7月27日 - )

清水崇
作品一覧

<清水崇のプロフィール>
「清水崇」は、群馬県前橋市出身の映画監督。テレビドラマやVシネマ等でスタッフとして働きながら、映画美学校で学び、卒業後に関西テレビのオムニバスホラー『学校の怪談G』の短編を演出を担当。その後、映画美学校時代の講師であった脚本家「高橋洋」の紹介で一瀬隆重と出会い、ビデオ版『呪怨』『呪怨2』の製作。2001年に『富江 re-birth』で映画監督デビューを果たし、2002年にビデオ版『呪怨』の映画化版が大ヒットを記録。主な映画作品に「ラビット・ホラー3D(2011年)」「戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH(2009年)」「ロックハンター伊右衛門(2006年)」「呪怨 パンデミック(2006年)」「輪廻(2005年)」「稀人(2003年)」「THE JUON/呪怨(2004年)」「呪怨2(2003年)」「呪怨(2002年)」「富江 re-birth(2001年)」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



清水崇の名言一覧


楽しくないと仕事はつづけられない。

だから楽しむためにはどうすればいいか、

常に考える。




追い詰められた時は、

今までに自分がやってきた

自信を持てることを思い出して、


これだけやってきたんだから何とかなる、

と思い込むんです。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:久石 譲(ひさいし じょう)
映画音楽を数多く手掛ける作曲家、編曲家、指揮者、ピアニスト
前の名言:宮崎 駿(みやざき はやお)
スタジオジブリの映画監督として広く知られるアニメーション作家、漫画家

sponsored link