「新藤 兼人」

(しんどう かねと / 1912年4月22日 - 2012年5月29日 )

新藤兼人
作品一覧

<新藤兼人のプロフィール>
「新藤兼人」は、広島県出身の映画監督脚本家。本名は「新藤 兼登」(読みは同じ)。日本のインディペンデント映画(自主映画)の先駆者として知られる人物。1933年に見た映画『盤嶽の一生』(監督:山中貞雄)に感激し映画を志すようになり、1935年に新興キネマ現像部でフィルム乾燥の雑役から映画キャリアをスタート。美術監督・美術部長であった「水谷 浩(みずたに ひろし)」に師事し、美術助手として美術デザインを担当するようになった他、暇を見つけてはシナリオを書き続け、脚本部に推薦され『南進女性』で脚本家デビューを果たす。1945年に書いた『待帆荘』が1946年に『待ちぼうけの女』(監督:マキノ正博)として映画化され、キネマ旬報ベストテン4位となり、新藤の脚本家としての実力が認められるようになる。1947年には吉村公三郎と組んで発表した『安城家の舞踏会』が大ヒットしキネマ旬報ベストテン1位を獲得。以降は『わが生涯のかゞやける日』などヒットを作を連発するようになり、人気作家としての地位を確立。1951年に『愛妻物語』で39歳にして念願であった監督デビューを果たし、同年に『偽れる盛装』が大ヒット映画となった他、1952年公開映画『原爆の子』は世界中で反響を呼び、チェコ国際映画祭平和賞、英国フィルムアカデミー国連賞、ポーランドジャーナリスト協会名誉賞など数々の賞を受賞。1960年には当時としては異例のキャスト2人・スタッフ11人、予算500万円という条件の中で台詞のない無言の映画詩『裸の島』を撮影し、同作でモスクワ国際映画祭グランプリを受賞。同作のヒットによって、大会社の資本制約から離れる事で自由な映画表現と制作ができる事を証明し、邦画界におけるインディペンデント映画の製作に多大な影響を与えている。1960年代以降は社会派作品を次々と発表するようになり、「頼まれた仕事は断らない」を信条に自作の映画制作と平行して大手映画会社の企画作品の脚本をも多数手がけている。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



新藤兼人の名言一覧


私の財産は、

挫折なんです。




企業の定年退職は、

人間の能力について想像力を欠如させた

悪しき制度ですね。


60歳を超えたら

引退して静かに暮らすべきだというのは、

老人を理解していません。




人は老いれば、

老いというものの中に

いろんな問題を抱えます。


金銭的に恵まれないとか、

健康を害するといったことです。


しかし、生き方の成り行きの中で

それらにまみれて自滅していくのは

やはり悲しい。


できれば、

闘いながら終わっていきたい。


そのためには何のために生きるか

という自分の意志や個性、

生き方をしっかり

持っていなければならないと私は思います。




私に何ら能力がなかったら

世間は受け入れてくれません。


現実は厳しいから、

お前は年を取ってしまってもう駄目だけれど、

仕方がないから認めてあげよう

などということは絶対にない。


価値がなければ

認めてもらえないんです。




人間は面白いものです。

自信をもち、納得して心の軸が定まると、

いくらでも仕事ができる。




人間はいつもどこかに属したいと考える。

私は、「自分に属せ」といいたい。




世界の優れた劇作家は

自分の生き方や生活、

考え方を命懸けで書いている。


絵空事でもなければ、

客観でもない。


作者自身が痛切に感じ、

考えた事が表現されていなければ

本物ではない。




君は何のために生きているか

と問われれば、


躊躇なく、

私は仕事のために生きている

と答える。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:辻 久子(つじ ひさこ)
第一線で活躍するヴァイオリニスト
前の名言:呉 清源(ご せいげん)
「昭和の棋聖」と称された中国出身の囲碁棋士

sponsored link