sponsored link




菅井きんの名言と人物データ

菅井 きん(すがい きん)」(1926〜)

「菅井きん」は、東京都出身の女優

東京帝国大学の事務職員として勤めていたものの、

演劇への情熱が捨てられずに劇団「俳優座」に入団。

その後、映画女優としてスカウトされ、

1951年に「風にそよぐ葦」で映画デビュー。

その後も多くの映画やテレビドラマ作品に出演し、

日本の演劇・ドラマ界には欠かせない名脇役として知られる人物。


1973年から出演したドラマ「必殺仕置人」の姑役で、

世間に広く知られるようになったため、

これ以降、姑役やいじわる婆さんの役を数多く演じており、

特に1994年のドラマ「家なき子」の鬼婆役の演技は当時大きな話題を呼んでいる。

また、2008年の映画「ぼくのおばあちゃん」で82歳にして初の主演映画を演じた。

ちなみに特技は三味線。


主な出演映画作品に「瞬 またたき(2010年)」「黄色い涙(2007年)」

「理由(2004年)」「化粧師 KEWAISHI(2002年)」「川の流れのように(2000年)」

「あの、夏の日(1999年)」「機関車先生(1997年)」「深い河(1995年)」

「さくら(1994年)」「あげまん(1990年)」「ハチ公物語(1987年)」

「火まつり(1987年)」「お葬式(1984年)」「生きる(1952年)」などがある。

(出典:ウィキペディア&楽天ブックス)

出演作品一覧 / グッズランキング


■ 菅井きんの名言集


くよくよしないこと。

(「健康の秘訣は?」と聞かれた時の言葉)




父には「女優は美人がなるものだ」なんて叱られました。

でも、反対されればされるほど燃えちゃう性格なので、

もう何が何でも絶対女優になってやるんだと思いましたね。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー


■ sponsored link