sponsored link


菅野泰蔵の名言

菅野 泰蔵(すがの たいぞう)」(1953〜)

学習院大学学生相談室、代々木の森診療所等のカウンセラーを経て、

1996年に東京カウンセリングセンター(TCC)を設立した人物。臨床心理士。

武蔵野大学等の講師、不登校学級の顧問、競馬のコラムニストなど幅広く活躍中。


主な著書に「こころがホッとする考え方」「カウンセラーの聴く力」「こころがスーッと安らぐ本」

「カウンセリング方法序説」「心が○くなる50のメッセージ」「読むだけでカウンセリング」

「ワニにはワニの事情がある」「こころの日曜日」「リスク時代に強く生き残る!」などがある。

(出典:「BOOK」データベース)

著書一覧(提供:楽天)を見る→



才能というのは、

結局、自分を生かす場所を見つけることなのかも知れない。




言いたいことの半分も言えれば、

ほぼ100点に近い。




思い込めば

うまくいく。




人は正しいことを指摘されると、

腹が立つものなのである。




人間のやることにミスや誤りは付きものであるのだから、

それをリカバリーさえ出来れば問題はない。

結果の成否そのものよりも、

むしろ「失敗」した後の処理をどうするかの方が肝心なのである。

嘆いてばかりでは取り返せるものも取り返せない。




世の中のほとんどのことは自分の思い通りにはならないということ、

それを肝に銘じることだ。

このことがわかると「うまくいかなくても当たり前」「失敗しても当たり前」

「そんなに驚くことじゃない」という考えにもなっていく。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。