「杉 良太郎」

(すぎ りょうたろう / 男性 / 1944年8月14日 - )

杉良太郎
作品一覧

<杉良太郎のプロフィール>
「杉良太郎」は、 兵庫県神戸市出身の歌手俳優。本名は「山田 勝啓(やまだ かつひろ)」。累計売上100万枚以上を記録した「すきま風」などのヒット曲で知られる歌手である他、数々の時代劇に出演し、俳優としても活躍しており、中高年女性層を中心に「杉様」の愛称で親しまれている人物。また、慈善活動家としても知られており、刑務所への慰問活動(法務省から史上初の「名誉矯正監」を拝命)、ベトナムへの教育施設の設置・無償援助(ベトナム政府から特別友好大使を委託/国家主席より友誼勲章を受賞)、震災復興支援(阪神・淡路大震災/新潟県中越沖地震/東北地方太平洋沖地震)などを行っている。2008年に緑綬褒章を受章、2009年に紫綬褒章を受章。主な出演テレビドラマ作品に「燃えよ剣(1966年)」「文五捕物絵図(1967年)」「喧嘩太郎(1968年)」「NHK大河ドラマ「天と地と」」「水戸黄門 第1部 - 2部(1969年)」「大岡越前 第1部(1970年)」「大江戸捜査網(1970年)」「連続テレビ小説 - 繭子ひとり(1971年)」「一心太助(1971年)」「NHK大河ドラマ - 国盗り物語(1973年)」「遠山の金さん(1975年)」「新五捕物帳(1977年)」「同心暁蘭之介(1981年)」「NHK大河ドラマ - 武田信玄(1988年)」「喧嘩屋右近(1992年)」「NHK大河ドラマ - 徳川慶喜(1998年)」「次郎長三国志(2000年)」など多数。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)



杉良太郎の名言一覧


日本人の多くが

「いつまでも死なないし、平和は続く」

と思い込んでいるからなんじゃないかな。


でもそんなことはありえない。

震災だって、津波だって、原発の事故だって

突如として起きうるわけで、

病気も含めて必ず人は死ぬんです。


なのに「いつまでも死なないような気がする」

と思っているから、

くだらないことにも平気で時間をかけられる。


それは本当に人生の無駄遣い、

もったいないことですよ。




福祉をやるには

確かに時間とお金がかかる。


特にお金がないと

見栄えのいい福祉はできません。


でも、お金がない人は

時間を寄付すればいい。


お金も時間もない人は、福祉に対する理解を示し、

実際に活動をしている人に拍手を送るだけで十分。


それでもう立派な福祉家なんです。

福祉ってそういうもんです。




苦しいことを一つ乗り越えれば、

その後のどんなに苦しいことでも

乗り越えていけるようになれる。


何があっても生きていける

という自信がつく。




人間って嫌なことがあると逃げるでしょ。

1回逃げると次の嫌なことからもまた逃げる。


その結果ずっと逃げ続ける人生を送ることになる。

そういう人間にはなって欲しくない。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:小沢 昭一(おざわ しょういち)
劇団「しゃぼん玉座」を主宰する俳優・俳人・エッセイスト
前の名言:江崎 玲於奈(えさき れおな)
ノーベル物理学賞を受賞した物理学者

sponsored link