sponsored link


鈴木三重吉の名言

鈴木 三重吉(すずき みえきち)」(1882〜1936)

日本の小説家児童文学作家

「日本の児童文化運動の父」と称される人物。


大学在籍中に、夏目漱石に自作品「千鳥」を送ったところ、

推薦を得て雑誌『ホトトギス』に掲載され、

以降漱石門下の一員として活動をおこなう。

中学で教師を務めるかたわら、長編小説「桑の実」など数々の作品を執筆して、

小説家としての評価を上げたが、娘のために作品を創作したことをきっかけに、

児童文学作品を手掛けるようになる。


大正7年(1918年)に児童文芸誌『赤い鳥』を創刊、文壇の著名作家に執筆を依頼。

芥川龍之介「蜘蛛の糸」や有島武郎「一房の葡萄」などの童話、

北原白秋らの童謡、小山内薫、久保田万太郎らの児童劇など、

大正期児童文学関係の名作が本誌から誕生し、

教訓色に塗り潰されていた従来の児童読み物が、

芸術的にも高められていく気運を作り出した。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



私の論述は内容にも機構にも、

他人の所説や工夫を踏用したところは1点もない。

すべてが私自身の創意である。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。