sponsored link




笑福亭鶴瓶の名言とプロフィール

笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ)」(1951〜)

「笑福亭鶴瓶」は、大阪府出身の落語家お笑いタレント司会者

本名は「駿河 学(するが まなぶ)」。師匠は「6代目笑福亭松鶴」。


京都産業大学の経営学部在学時に落語研究会に所属し、

安井金比羅宮で開かれていた落語会(米朝一門)で、

松鶴の落語を聞いて弟子入りを決意。

11番弟子として入門を果たすが全く稽古をつけてもらえなかったため、

超能力が使えることを師匠の松鶴に打ち明ける。

鶴瓶のテーブルマジックを超能力と信じ込んだ松鶴は、

TVに鶴瓶を売り込むようになり、これがきっかけとなって、

TVやラジオへの出演の機会をつかむこととなる。


お笑いタレントとして様々な番組で活躍する中、

2002年に春風亭小朝との二人会で「子別れ」を演じた事を機に、

落語界への復帰にも精力的であり、

2003年に小朝、林家こぶ平などと「六人の会」を結成。

同年には「上方落語協会」理事に就任し、2008年からは副会長を務めている。


主な出演番組に「きらきらアフロ」「ザ!世界仰天ニュース」

「森田一義アワー 笑っていいとも!」「鶴瓶の家族に乾杯」「A-Studio」などがある。

(参考文献:ウィキペディア&楽天ブックス&どらく)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


■ 笑福亭鶴瓶の名言集


準備が出来ているから、

チャンスをつかめる。




これだっという道にこだわる。

余計な計算はせず、まっすぐ進む。




みじかい人生、

自分で自分の責任をとる覚悟をしたらいいんや。




自分の落語はよう聞きません。

一応DVDには残していますが、

そんなん観る気にもなりませんわ。


そういうのはすべて、

自分の頭の中に残っているんです。


あかんところはあかん。

ええところはええ、と。


それでチェックしながら、

次の時にそこを直して、

どんどんクオリティーを上げていくんです。




どんな小さな世界でも、

中心人物でないと注目はしてもらえない。


そうなるためには、

自分の世界を持ち、

自分の型を持たないとダメ。




「これや、これが自分の仕事や」と思ったら、

まずは必死でやること。


そこで自分の型を作って、

自分の世界を作って中心人物を目指すんです。




自分の型を作り、

それにこだわり続けること。


あきらめずに自分を変えないで頑張っていると、

ちゃんとだれかが見てくれてるもんなんです。




別にゴールデンタイムみたいな仕事だけが、

偉いんやないんです。


小さな世界でも、

そこで必要とされることに意味がある。

そこから始まっていくんですよ。




神様から「お前もなんかせい」

と言われて人は生まれてきてるんや。

だから、自分を信じるべきや。




人気は高さじゃない、

大事なのは長さ。




自分が変わっていったら、

結果として周囲が変わっていくんや。


sponsored link




■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 嘉納治五郎(「柔道の父」として知られる柔道家、教育者)
  • 前の名言 → 久原房之助(「鉱山王」と称された実業家、政治家)

■ sponsored link