sponsored link




田渕直也の名言とプロフィール

田渕 直也(たぶち なおや)」(1963〜)

「田渕直也」は、ファンド・マネージャーとしても活躍した金融アナリスト

一橋大学の経済学部を卒業後に、「日本長期信用銀行」に入社。

デリバティブのディーリングやポートフォリオマネジメント、商品設計などを担当。

その後、海外証券子会社であった「LTCB International Ltd」に出向し、

デリバティブ・ディーリング・デスクの責任者などを務める。

帰国後にデリバティブ・ポートフォリオの管理責任者を務めた後、

UFJパートナーズ投信のチーフファンドマネージャーに就任。

マツヤ・アセットマネジメント代表取締役や大和生命執行役員を経たのち、

金融アナリストとして活躍している。


主な著書に「確率論的思考 金融市場のプロが教える最後に勝つための哲学」

「金融基礎力養成講座 デリバティブのプロが教える」

「団塊世代のための定年後の生活資金はどうなるか 働き方・社会保険・税金・資産運用」

「世界一やさしい金融工学の本です」「図解でわかるデリバティブのすべて」

「図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて」などがある。

(参考文献:確率論的思考/日本実業出版社、楽天ブックス)

著書一覧(提供:楽天)を見る→


■ 田渕直也の名言集


人は偶然を必然と思い込み、

しばしば致命的な失敗を犯す。


それを避けるためには、

物事の本質を確率として捉え、

何事も絶対と見なさない考え方が必要となる。




偶然は予測することも、

コントロールすることもできない。


しかし、偶然の影響を減らしたり、

あるいはそれを前向きの要素として活用することはできる。

継続的な成功は、その上に初めて築かれるのである。




複雑なものを単純化して捉えるのは、

一種のすぐれた能力といえる。


複雑なものをあまりに複雑なままで捉えれば、

かえって事の本質がわからなくなり、

対処法も導き出せない。


だが逆に、極端な単純化も、

問題に対処するうえでは役には立たない。

複雑なものは、ある程度は複雑なままで理解しなくてはいけない。




事前に答えが決まっていないこの世界には、

100%確実なことなど存在しない。


"正しい"やり方は、あくまでも正しい結果が出る確率が高い、

という意味でのみ定義される。


だから、正しいやり方をしても失敗することがあり、

逆に正しくない危険なやり方でも成功することがある。




どんなに正しく、どんなに優れたやり方でも、

失敗は起こりうる。


つまり、正しく優れたやり方を追求することは、

失敗を防ぐ最善の方法ではない。


失敗を防ぐための最善の方法は、

挑戦をせず、試すのをやめることだ。


失敗が、そのプロセスを検証されることもないままに、

ただ責められるだけの組織においては、

誰もが無意識のうちに試行錯誤を恐れ、

避けるようになっていく。

そしてチャレンジ精神が失われていくのである。


sponsored link



■ 地球の名言 バックナンバー

  • 次の名言 → 大橋歩(イラストレーター&エッセイスト)
  • 前の名言 → 荒川静香(トリノオリンピックで金メダルを獲得したフィギュアスケーター)

■ sponsored link