「高倉 健」

(たかくら けん / 1931年2月16日 - )

高倉健
作品一覧

<高倉健のプロフィール>
「高倉健」は、福岡県中間市出身の俳優歌手。本名は「小田 剛一(おだ ごういち)」、愛称は「健さん」など。日本を代表する映画スターとして知られる人物であり、半世紀以上に渡り活躍。中国などを中心にアジアでも人気を獲得している。主な代表作には、映画『網走番外地』シリーズ、『昭和残侠伝』シリーズ、『日本侠客伝』シリーズ、『幸福の黄色いハンカチ』、『八甲田山』、『新幹線大爆破』、『鉄道員(ぽっぽや)』、『南極物語』などがあるが、いずれも邦画史に残る大ヒットを記録している。また、義理や人情を重んじる礼儀正しい人物としても知られており、新人俳優や若いスタッフなどにも必ず立ち上がり、丁寧にお辞儀して敬意を払うなど、人格者として取り上げられることも多く、「高倉健」を人間として尊敬していると述べる役者も数多い。ちなみにコーヒーと夜更かしが好きなため、撮影に遅刻することがしばしばあり、監督を怒らせることも度々あったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



高倉健の名言一覧


いい風に吹かれたいですよ。

きつい風ばかりに吹かれていると、

人に優しくなれないんです。


待っていてもいい風は吹いてきません。

旅をしないと…。




人間にとっていちばん寂しいのは、

何を見ても、何を食べても、

何の感動もしないこと。


感動をしなくなったら、

人間おしまいだと思うんですね。

こんな淋しいことはないと思います。




何をやったかではなく、

何のためにそれをやったかである。

今それが大切に思えてきている。




拍手されるより、

拍手する方がずっと心が豊かになる。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:射手園 達一(いてぞの たついち)
海外で頑張る日本人経営者や起業家の支援団体「一旗会」の設立者&実業家
前の名言:中川 昌彦(なかがわ あきひこ)
経営評論家・思想家・作家2

sponsored link