「田村 隆一」

(たむら りゅういち / 1923年3月18日 - 1998年8月26日 )

田村隆一
著書一覧

<田村隆一のプロフィール>
「田村隆一」は、東京府北豊島郡出身の詩人随筆家翻訳家であり、戦後詩に大きな影響を与えたことで知られる人物。1947年に鮎川信夫らと『荒地』を創刊し、1950年頃より翻訳を開始。1956年に処女詩集『四千の日と夜』を刊行。1963年に『言葉のない世界』で高村光太郎賞、1985年に『奴隷の歓び』で読売文学賞、1993年に『ハミングバード』で現代詩人賞を受賞。主な発表詩集に「帰ってきた旅人」「花の町」「ロートレックストーリー」「灰色のノート」「狐の手袋」「Torso」「ハミングバード」「新世界より」「ぼくの航海日誌」「毒杯」「生きる歓び」「奴隷の歓び」「ワインレッドの夏至」「陽気な世紀末」「空気遠近法」「スコットランドの水車小屋」「5分前」「言葉のない世界」「新年の手紙」「緑の思想」「誤解」「死語」「水半球」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)



田村隆一の名言一覧


一般的には『一生懸命』と表記されるけれど、

私は『一所懸命』と書く方が正しいと思う。


なぜなら、ただ一カ所の井戸を

ひたすら掘ることが懸命に生きることだから。


自分は詩人として一つの井戸を掘り続ける。

どこまで掘ったら水脈に当たるかなんて

わからないけれど。



sponsored link


バックナンバー

次の名言:小林 薫(こばやし かおる)
ドラマや映画作品を中心に活躍する俳優
前の名言:アヴェスタ
古代バルブで生まれたゾロアスター教の経典

sponsored link