sponsored link


戦う司書の名言

戦う司書」(Tatakau Shisho)

「戦う司書」は、2005年9月にスーパーダッシュ文庫から刊行された、

「山形石雄」によるライトノベルシリーズ。イラストは「前嶋重機」が担当。

「人間が死ぬと、その魂は『本』になる」という世界を舞台にしたファンタジー作品。

2009年にアニメ化。アニメーション制作は「david production」が担当。


明確にシリーズの主人公と定められている登場人物がおらず、

全体としては一繋がりのストーリーでありつつも、

各巻ごとに特定の登場人物に焦点を当てた独立性を持ったストーリー展開がなされる、

構成が特長で、主要な登場人物の多くが、それぞれ独自の魔法を駆使して戦う、

いわゆる「超能力バトル」ものとしての側面を持っている。

第4回スーパーダッシュ小説新人賞の大賞受賞作品。

(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→


生きる意味なんて、

一人じゃ見つからないよ。

(by リア


一番強いのはね、

他人のために戦うやつ。


勝ち目があろうとなかろうと、

命懸けで向かって来るもの。

(by ハミュッツ=メセタ


人間というのは、

どうも難しい生き物でしてね。


幸せだけしか求めていないのに、

なぜか手に入らない。

(by マットアラスト


人の死は悲しまなくてはならない。

救えることを喜ばなくてはならない。

人が生きることを尊ばなくてはならない。

(by フォトナ


地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。