sponsored link


千代(見性院)の名言

千代 (見性院:けんしょういん)」(1557〜1617)

土佐藩の初代藩主「山内一豊」の妻。

「内助の功」で夫を支えたエピソードで有名。


第二次世界大戦以前の日本において、

賢妻のモデルとして教科書などに多く採り上げられ、

戦後も多くの小説やドラマの題材となる。

千代がいなければ山内一豊が土佐藩の藩主になるなど、

ありえなかったとまで称されている人物。(出典:ウィキペディア)

その生涯については、司馬遼太郎さんの「功名が辻」を読むとわかりやすい。

「功名が辻」 作品一覧(提供:楽天)を見る→



人は最大の目標にのみ直進すべきです。

小事に眼をくれてはなりませぬ。




富貴などにこだわると、

男子、何事も出来ませぬ。

いつでも元の裸に戻るお覚悟が大事でございます。




自分の過ぎてきた道を振り返って、

様々に楽しむことほど、味わい深いことはありませぬ。

二度一生を経験しているようなものではありませぬか。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。