sponsored link


高須 竜児の名言(とらドラ!)

高須 竜児(たかす りゅうじ)」

とらドラ!は、「竹宮ゆゆこ」による小説

「とらドラ!」(電撃文庫)に登場する人物。同作の主人公。(2008年にアニメ化)


父親ゆずりの三白眼で目つきが悪く、不良やヤンキーと勘違いされがちで、

コンプレックスとなっているが、実際は温厚で面倒見の良い、几帳面で真面目な性格。

母子家庭で、母・泰子とアパート2階の一室で暮らしている。

家事は万能で、食事はほとんど竜児が作っており、裁縫・掃除なども得意。


特に掃除に関しては、遊ぶのをそっちのけで掃除に没頭するほど好きで、

またささいな汚れを見逃さない極端なきれい好きの潔癖症。

いつも自作の「高須棒」という掃除グッズを持ち歩いている。

その他、買い物なども竜児が担っており高須家の家計にも関わっているが、

マイバッグを持ち歩いたりと強い「MOTTAINAI」(もったいない)精神の持ち主。
(出典:ウィキペディア)

作品一覧(提供:楽天)を見る→



俺は、竜だ。おまえは、虎だ。

―虎と並び立つものは、昔から竜だと決まってる。

だから俺は、竜になる。お前の傍らに居続ける。


(by 高須 竜児)




■ 「とらドラ!」の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。