sponsored link


豊田喜一郎の名言

豊田 喜一郎(とよだ きいちろう)」(1894〜1952)

トヨタ自動車工業株式会社社長(第2代)や、

社団法人自動車技術会会長(第2代)などを歴任した実業家

愛知県豊田市(挙母市)の発展に大きく貢献した実績から、

豊田市役所の広場には銅像が立てられている。

(出典:ウィキペディア)

関連書籍一覧(提供:楽天)を見る→



技術者は実地が基本であらねばならぬ。

その手が昼間はいつも油に汚れている技術者こそ、

真に日本の工業の再建をなし得る人である。




一生懸命働けば われわれも生活の安定ができましょう。

こうした田園工場で愉快に働いて、その製品がお国のためになれば、

われわわは満足であります。




作ってやる、売ってやるではいけない。

買ってもらう、作らしてもらっている、という気持ちでなくてはいけない。




一旦トヨタから出した車は、

何処が悪くても全責任を負わなければなりません。

それを他の部分に罪を着せずに、

自家製品の悪いところを言い逃れの出来ぬ様にさせると云う事は、

自分自身の製品に自信をつける最も大事な事であります。




今日の失敗は、

工夫を続けてさえいれば、

必ず明日の成功に結びつく。




■ 地球の名言

地球の名言 人名検索

地球の名言の人名検索です。